何も無い

何も

「じゃあね。○○ちゃん(私)も幸せになってね」
と彼が笑いました。
私はそんな彼の顔を見ながら
「どうして、最後の最後までこの人はこんなにもクールで、こんな定型文のような言葉を使うのだろう」
と思ってみていました。
彼と私の交際は3年ほど続きました。
比較的、2人とも感情の波が激しくなかったので、大きなケンカ1つせずに長い間
2人の恋愛関係を続けてきました。
彼はとても真面目な人で、中途半端な気持ちでは付き合っていないと話をしてくれていて
将来的なことに関してもチラホラと話題にのぼるくらいでした。
そんな彼とはずっと一緒にいられると信じていましたし
時折話をする将来的な2人の姿に思いを馳せて、それが実現すれば良いなと思っていました。
しかし、私たちの関係は終わってしまったのです。
さらりとした彼の言葉で。
それからの私は全てを失った気持ちになりました。
と、同時に今までの3年と言う時間は彼以外に私には無かったのかもしれないとも感じ
大きな虚無感に苛まれました。
毎日が苦しくて、つい彼に電話をしてみようかなんて考えたりして・・・
日々、葛藤していました。
そんな私でしたが、無から有を作ることが出来るとふと思うようになった時
少し前を向いて、明日の方角を見つめられるようになりました。

会いたくて会いたくて

会いたくて

彼のことが大好きで、出来れば24時間声を聞いていたいくらいでした(笑)
しかし、彼と私はまだ恋愛関係にありません。
連絡は頻繁にとっていたものの、私たちが恋愛関係に進展していくような予感は一切ありませんでした。
彼は日頃からポーカーフェイスでしたし
口調も淡々としたものでしたので私からすると「良く分からない」というのが本音の部分でした。
だからこそ、いえないと思いましたし、会いたいと口に出すことも出来ませんでした。
彼が○○だから・・・
それを理由にして良いのだろうかと思うようになったのはそれから暫くしてのこと。
確かに、相手によっては「とっつきやすい人」というタイプの人が存在すると思うのですが
それとは関係無しに、自分が会いたい時に会いたいと伝えていける力って大切なのではないかと
思うようになりました。
それから暫く、もぞもぞとした日々を過ごしてしまいましたが(苦笑)
私はようやく、会いたい気持ちを彼に伝えることが出来ました。
彼は「デートをしてくれるとは思わなかった。俺から誘うべきだった」といってくれました。
それから2人の関係はとんとん拍子に進んで行きました。
そうして2人の交際は2ヶ月ほど後になって始まることになりました。

ソワソワ

ソワソワ

「待ってたよ」
と彼は嬉しそうな声で電話に出てくれました。
私はそんな彼の声を聞いて、一気に仕事モードからプライベートモードに頭が切り替わり
改めて彼を「愛しいなあ」と思うのです。
仕事から帰宅をすると、どちらからともなく「ただいま」という電話をするのが日課になっていました。
忙しい時や疲れているときには直ぐに電話を切るようにはしていたのですが
それぞれに時間があるときには、長い間他愛も無い話をしていました。
彼は言います。
「君から電話があるのをソワソワした気持ちで待っていたよ」と。
そんな感情をストレートに伝えてくれる彼を改めて愛しいと思いましたし
この気持ちを大切にしたいとも思うのです。
彼がソワソワするのならば私も同じでした。
早く家に帰って彼の声を聞きたくて、着替えもせずに電話を掛けていましたし
多少、お腹が減っていても彼の声が優先でした(笑)
そんな関係は、彼と交際をしている間中続いていきました。
毎日のやり取りの中に、ソワソワした新鮮さを持ち続けられたのも
彼と言う人と恋愛が出来たからだと感謝しています。
今はもう、それは過去の恋愛であり良い思い出となってしまいましたが
新しい恋愛をするときも、そんな感覚は忘れたくないなあと思って居ます。